0コメント

SHARK #平野紫耀 #ドラマ #TVドラマ










5人組のロックバンド「SHARK」は、レコード会社「ワンダーレコード」の新人開発部の小松一加(山下リオ)に見出され、メジャーデビューを控えていた。しかしバイク事故によってバンドのカリスマボーカル和月(藤井流星)がこの世を去った…。
バンドの中心メンバーだった和月を失い、ギター担当の萩原海(濱田崇裕)、足立哲平(神山智洋)、最年少でキーボード担当の
竜崎歩(松村北斗)、ドラム担当の里見憲三(岩本照)の4人と一加は、絶望の淵に立たされる。

和月が亡くなって1年。
リーダーの海がギターボーカルを務め、粛々とライブ活動は行っているものの、海にはフロントマンとしての魅力が今一つ足りず、ファンのほとんどは離れてしまっていた。和月との『絶対てっぺん取る』という目標に向かって歩き始めていたSHARK 。
しかし、埋められない溝は広がり続け、 SHARK にいよいよ契約解除の話が持ち上がる。ワンダーレコードの吉村部長(岡田浩暉)に契約解除を告げられた一加はなんとか敗者復活の道を模索する。新しいフロントマン、 SHARK のボーカルを見つけ出せば、
再びメジャーデビューへの道が開かれるかもしれない。
一縷の望みにすがりながら、一加は新生SHARK のメンバー探しに奔走する。
そんな頃、会社の後輩・美紅の結婚式でBLACK DOGのボーカルであった倉田瑞希(平野紫耀)が突然乱入し、歌いはじめた。
一加は、瑞希の歌に、心を奪われる。それは、まだ粗削りながら、胸に突き刺さる歌がそこにはあった。
この瞬間からまた、世界が輝き始めた。
SHARK に必要なのは、彼しかいないーー。



SHARK DVD-BOX 通常版 [ 平野紫耀 ]

価格:12,806円
(2019/5/13 19:51時点)




SHARK Blu-ray BOX 通常版 【Blu-ray】 [ 平野紫耀 ]

価格:17,582円
(2019/5/13 19:51時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事