0コメント

谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話 #竹岡葉月 #小説 #book #bookjp #書籍











コミュ障女子大生が「保存食専門カフェ」を営む英国人店主とその息子と織りなす、ほっこりおいしい人情ストーリー!

「猫の町」谷中に住む女子大生、紬。趣味は手芸、人間関係が苦手で大学ではぼっち気味。
ある日、故郷の母親から送られてくる大量の野菜に困り果て、こっそり捨てようとしたところ、謎の英国人男性にとがめられる。
彼はそのまま紬を自分のカフェに連れていき、あっという間に野菜を「びんづめ保存食」に生まれ変わらせた。
谷中で「びんづめカフェ」を営むセドリックは、血のつながらない息子の武流と二人暮らし。
なりゆきで、小学校不登校中の武流の家庭教師をすることになった紬は、さまざまな出来事に遭遇しながらも、
セドリックの作るびんづめたちに癒されながら少しづつ心を開いていく…。



谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話 (集英社オレンジ文庫) [ 竹岡 葉月 ]

価格:637円
(2019/5/18 12:37時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事