0コメント

花が咲くとき #乾ルカ #小説 #book #bookjp #書籍











札幌で暮らす小学六年生の瀬川大介には、自らの鬱屈を晴らす、ささやかな楽しみがあった。それは隣家に住む、指が二本ない謎の老人佐藤北海が見守る貧弱な樹がつける花芽を削り取ること。開花を待つ北海の喜びを奪うことで、不満を溜めた老人が“暴発”することを願っていた。だが、夏休みに入ったある日、大介の油断を衝いてその樹が白い花を咲かせる。それを見た北海は突如ボストンバッグを抱えて旅に出発、両親と喧嘩して家出をするつもりだった大介は、急遽彼を追うことに…。一人の少年の好奇心と冒険心が生んだ心に沁みわたる感動の物語。



花が咲くとき (祥伝社文庫) [ 乾ルカ ]

価格:864円
(2019/6/3 11:21時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事