0コメント

花が咲くとき #乾ルカ #小説 #book #bookjp #書籍










大介は札幌に住む小学六年生。自らの鬱憤を晴らすため、隣家に住む謎の老人が育てる痩木の花芽を削いでいた。ところが、夏休みに入るとすぐ、花はひっそりと咲いた。途端、旅支度を始めた老人。慌てた大介は、彼を追い茨城行きのフェリーに乗るも、船酔いに。学校なら囃されるが、自然に介抱してくれた大人たちに、心の殻が破れるのを感じ…。魂を揺さぶる至高の物語。



花が咲くとき (祥伝社文庫) [ 乾ルカ ]

価格:864円
(2019/6/15 18:24時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事