0コメント

舌戦 百万石の留守居役(十三) #上田秀人 #小説 #book #bookjp #書籍










加賀藩邸は無頼の襲撃を甘んじて受けたのか。不祥事を咎める評定所に臨んだ百万石の筆頭宿老・本多政長。神君家康の懐刀と言われた本多正信の血筋の登場に、評定所の面々は圧倒され、本多の仇敵、老中大久保忠朝は目を剥いた。黒のものを白にする。留守居役顔負けの舌戦の火ぶたが切られた! そして数馬も義父・政長を援護するため、江戸城を駆け巡る。そして陪臣の身でありながら、政長の将軍綱吉との謁見の日が訪れる。加賀藩と本多の命運のかかった緊迫の謁見の行方は? 大人気シリーズ、第十三巻!



舌戦 百万石の留守居役(十三) (講談社文庫) [ 上田 秀人 ]

価格:712円
(2019/6/17 14:59時点)




舌戦 百万石の留守居役(十三)【電子書籍】[ 上田秀人 ]

価格:713円
(2019/6/17 14:59時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事