0コメント

罪の声 #塩田武士 #小説 #book #bookjp #書籍











「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それはかつて、日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を追い始めーー。
圧倒的リアリティで衝撃の「真実」を捉えた傑作。



罪の声 (講談社文庫) [ 塩田 武士 ]

価格:993円
(2019/5/6 07:54時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事