0コメント

百万石の賭け 剣客大名 柳生俊平12 #麻倉一矢 #小説 #book #bookjp #書籍











将軍の影目付俊平に、加賀藩重臣らが懇願!
藩の膿を出してほしい

大坂堂島の米相場がらみで百万石の大藩が真っ二つ!
藩主を戴く財政改革派と、加賀八家ら守旧派との衝突。御家騒動の裏で笑うのは?

「藩の大事を、お聴き願わしうござります」柳生藩一万石の藩主で将軍の影目付・柳生俊平を、豪華な駕籠で加賀百万石の重臣らが訪れた。
藩財政再建のため藩主を先頭に努めているが、ある者らが幕府の法度にかかわる手法で、大坂堂島の米相場に手を出している。
大事とならぬうちに影目付の手で藩の膿を出してほしい──というのだ。はたして加賀藩重臣の真の狙いは──?



百万石の賭け 剣客大名 柳生俊平12 (二見時代小説文庫) [ 麻倉 一矢 ]

価格:699円
(2019/5/3 09:16時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事