0コメント

某には策があり申す 島左近の野望 #谷津矢車 #小説 #book #bookjp #書籍










「天下の陣借り武者、島左近、死ぬまで治部殿の陣に陣借り仕る」──筒井順慶の重臣だった島左近は、順慶亡き後、筒井家とうまくいかず出奔。武名高き左近には仕官の話が数多く舞い込むが、もう主君に仕えるのはこりごりだと、陣借り(雇われ)という形で、豊臣秀長、蒲生氏郷、そして運命の石田三成の客将となる。大戦に魅入られた猛将は、天下を二分する関ヶ原の戦いでその実力を発揮する! 従来の「義の人」のイメージを塗り替えた新たな島左近。期待の歴史作家による渾身の作品、待望の文庫化。



某には策があり申す 島左近の野望 (時代小説文庫) [ 谷津矢車 ]

価格:885円
(2019/5/16 14:31時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事