0コメント

本能寺ホテル #綾瀬はるか #映画 #邦画










倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。
なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。
一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。
冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。
そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。
繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。
やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき…。



本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション [ 綾瀬はるか ]

価格:3,693円
(2019/5/20 16:05時点)




本能寺ホテル Blu-rayスタンダード・エディション【Blu-ray】 [ 綾瀬はるか ]

価格:4,100円
(2019/5/20 16:05時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事