0コメント

晩秋の陰画 #山本一力 #小説 #book #bookjp #書籍











装丁家の高倉俊介の元に、バイク事故で他界した叔父で、仕事の師でもある尚平の日記帳が届いた。事故死した当日で終わっている日記を繰る俊介。そこに綴られていたのは、親友の小柳の恋人Mへの恋情だった。還暦近い男が、四十年来の友情を断ち切るほどの背信を重ねていたことに、深いやるせなさを感じる俊介。やがて、俊介は日記を手に小柳を訪ねるが―



晩秋の陰画 (祥伝社文庫) [ 山本一力 ]

価格:756円
(2019/9/10 13:22時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

自宅で楽しむ約500chの音楽放送。今なら特典付き!

ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!

才能を発掘させてください!




この記事へのコメント

人気記事