0コメント

日雇い浪人生活録(七) 金の記憶 #上田秀人 #小説 #book #bookjp #書籍










亡き八代将軍吉宗より田沼意次の行う幕府の財政改革を手助けするよう命を受けた隠密のひとりで、ふだんは芸者姿に身をやつす村垣伊勢。村垣は、両替商分銅屋の用心棒である諫山左馬介を、その鉄扇術から、ただの浪人ではないと疑いだした。一方、改革を推し進める意次の動きを探ろうとする者たちに対し分銅屋が仕掛けた策には、次々と獲物がかかり始める。武家の駆け引き、野心を抱く商人の台頭──江戸の世はどう動くのか。大好評シリーズ、第七作。



日雇い浪人生活録(七) 金の記憶 (時代小説文庫) [ 上田秀人 ]

価格:691円
(2019/5/16 14:21時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事