0コメント

新月の夜 #木村忠啓 #小説 #book #bookjp #書籍











重田貞一(のちの十返舎一九)と岡っ引の岩徳は、稲荷神社の境内で人殺しを目撃する。
斬られたのは神田で評判の蕎麦屋《しなの屋》の主人・伝兵衛であった。
斬った者はおどろおどろしい狐面を被っており、なんと目の前で瞬時に消えた。
伝兵衛に金を借りていた真田弦太夫や、弦太夫と逢い引きしていたと噂される伝兵衛の妻などに疑いがかかるがーー。

人を殺すほどの事件に複数接し、戯作者として立つための「人の心の機微がわかる」素地を身にまとうことができるのか。
好評シリーズ最終巻!



新月の夜 [ 木村忠啓 ]

価格:680円
(2019/4/10 12:32時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事