0コメント

悪声 #いしいしんじ #小説 #book #bookjp #書籍











「ええ声」を持つ「なにか」はいかにして「悪声」となったのかーーほとばしるイメージ、疾走する物語。著者入魂の長編小説。

「なにか」は、ある重みをもって、廃寺のコケの上にそっと置かれたーー京都のはずれの廃寺に捨てられたみどりごは、コケに守られながら生をつなぎ、やがて犬のブリーディングと桜の剪定を生業とする花崎さんに引き取られる。

「なにか」の声は、居合わせた誰もがはっと振り返るような特別なものだった。長じて歌うことを覚えた「なにか」は、アムステルダムからやってきたサックス・プレイヤーの「タマ」と「あお」の父娘といっしょに、生駒の方舟教会でライブを行う。



悪声 (文春文庫) [ いしい しんじ ]

価格:1,036円
(2019/8/5 08:18時点)




悪声【電子書籍】[ いしいしんじ ]

価格:1,000円
(2019/8/5 08:18時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

自宅で楽しむ約500chの音楽放送。今なら特典付き!

ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!

才能を発掘させてください!




この記事へのコメント

人気記事