0コメント

京都下鴨なぞとき写真帖 2 葵祭りの車争い #柏井壽 #小説 #book #bookjp #書籍











老舗料亭の主人は、じつは人気カメラマンだった!?
『鴨川食堂』で人気の著者による、京都グルメ&名所が満載の連作短編集

京都の老舗料亭の当主・朱堂旬は、番頭に仕事を任せて遊んでばかりーーと周囲には思われているが、じつは人気写真家・金田一ムートンとして、京都の撮影にいそしんでいた。
彼のカメラがとらえるのは、葵祭や祇園祭、十日ゑびすや「人形寺」といった、京都名所だけではなく、そこを訪れる人々の秘めた悩み。
「松葉」のにしんそばなど、京都グルメでその心を癒しながら、ムートンは彼らの問題を解きほぐしていく。



京都下鴨なぞとき写真帖 2 葵祭りの車争い (PHP文芸文庫) [ 柏井 壽 ]

価格:669円
(2019/5/10 08:14時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事