0コメント

九月の恋と出会うまで #高橋一生 #川口春奈 #映画 #邦画











ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)は、小説家志望の風変わりな隣人・平野 進(高橋一生)と出会う。
そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声ーー。
「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っている」
それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を超えて届いた、未来からの誰かの声だった。
相談を受けた平野は、助かった志織に“タイムパラドックス”が生じることに気付く。
それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。
志織が助かるためには未来の声が誰なのかをつきとめて、一年後に同じことを再現してもらわなければならない。
タイムリープをしてまで志織を助けたかったのは、一体誰なのかーー。
一緒に未来からの声の主探しに協力するうちに、急速に惹かれていく平野と志織。
しかし自分の殻を破れずにいる平野は、志織にとって自分が運命の相手=未来の声の主ではないと考えるようになる。
志織がタイムリープによって消されてしまうまで、あと一年。
次第に平野との別れは近づいていたーー。



九月の恋と出会うまで(通常版) [ 高橋一生 ]

価格:3,078円
(2019/6/2 15:41時点)




九月の恋と出会うまで【Blu-ray】 [ 高橋一生 ]

価格:3,888円
(2019/6/2 15:41時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事