0コメント

三鬼 三島屋変調百物語四之続 #宮部みゆき #小説 #book #bookjp #書籍










三島屋の黒白の間で行われている変わり百物語。語り手の年齢や身分は様々で、彼らは正しいことも過ちもすべてを語り捨てていく。十三歳の少女は亡者の集う家の哀しき顛末を、絶品の弁当屋の店主は夏場に休業する理由を、そして山陰の小藩の元江戸家老は寒村に潜む鬼の秘密を語る。聞き役に従兄の富次郎も加わり、怪異を聞き積んでいく中でおちかにも新たな出逢いと別れがありー恐ろしいけど面白い三島屋シリーズ第四弾!



三鬼 三島屋変調百物語四之続 (角川文庫) [ 宮部 みゆき ]

価格:1,036円
(2019/6/17 16:43時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事