0コメント

ヒポクラテスの憂鬱 #中山七里 #小説 #book #bookjp #書籍










埼玉県警のホームページの掲示板に“修正者”を名乗る書き込みがあった。今後、県下で起きる自然死・事故死に企みがないかどうか見極めろという。同日のアイドルの転落死にも言及したため、県警の古手川と浦和医大法医学教室の助教・真琴は再捜査と遺体の解剖に臨んだ。結果、炙り出されたアイドルの秘密と司法解剖制度の脆弱さとは?シリーズ第二弾、待望の文庫化!



ヒポクラテスの憂鬱 (祥伝社文庫) [ 中山七里 ]

価格:734円
(2019/6/13 17:06時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事