0コメント

トランスファー #中江有里 #小説 #book #bookjp #書籍










30歳の大倉玉青は、人材派遣会社に登録し大手通信系企業の受付として働いている。大学時代は、演劇サークルに所属していた。愛読書の『走れメロス』をバッグに放り込み、苦行のような満員電車に乗り職場へ通うのは、ただ生活のためだけだ。その生活が空虚で、何のために生きているのかわからない。彼女は、5年前の自分の選択に端を発するある「秘密」を抱え、その秘密に関わる者の存在を「希望」と感じながら、日々を過ごしていたーー。



トランスファー (単行本) [ 中江 有里 ]

価格:1,620円
(2019/6/19 10:35時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事