0コメント

ソローキンの見た桜 #阿部純子 #映画 #邦画










2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。
しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに・・・。
日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。
日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。
兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。
だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。
ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・・



ソローキンの見た桜 通常版DVD [ 阿部純子 ]

価格:3,078円
(2019/7/13 18:34時点)




ソローキンの見た桜 豪華版Blu-ray【Blu-ray】 [ 阿部純子 ]

価格:3,888円
(2019/7/13 18:34時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

自宅で楽しむ約500chの音楽放送。今なら特典付き!

ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!

才能を発掘させてください!


ブロトピ:更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログ更新しました!



この記事へのコメント

人気記事