0コメント

びいどろ金魚 江戸菓子舗照月堂 #篠綾子 #小説 #book #bookjp #書籍










主・久兵衛の主菓子が幕府歌学方に気に入られ、照月堂は躍進の兆し。来たる夏に向けての主菓子も所望され、久兵衛はなつめにも案を出すよう言いつける。自分に新たな菓子など考え出せるのかと緊張しつつも、なつめはさっそく思いを巡らし始める。そんな折、照月堂では、出入りの薬売りの子を数日預かることとなった。ところがその富吉、妙になつめに懐いてくる。不思議に思っていたなつめだったが、ある時富吉が口にした「けいさま」という名を聞いて、驚き、動揺して……。続々重版の大人気時代小説シリーズ、第五巻!



びいどろ金魚 江戸菓子舗照月堂 (時代小説文庫) [ 篠綾子 ]

価格:669円
(2019/5/16 14:24時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事