0コメント

きみに向かって咲け #灰芭まれ #小説 #book #bookjp #書籍










他人の感情に敏感で、言葉の中の嘘が見えてしまう女子高生・向葵は、そんな“ふつうじゃない”自分に悩んでいた。ある日、1枚の絵をみるために訪れた美術館でひとりの青年に出会う。向葵とは対照的に、彼は他人の気持ちを汲み取れないと言う。「ふつうになりたい」-正反対なのに同じ悩みを持つふたり。この出会いが、運命を変えていくー。ふつうとは何か。苦しみの中で答えを探し続ける姿に、そして訪れる奇跡のラストに心揺さぶられ、気がつけば…涙。



きみに向かって咲け(仮) (スターツ出版文庫) [ 灰芭まれ ]

価格:637円
(2019/5/29 12:06時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事