0コメント

おかえり、ブルゴーニュへ #ピオ・マルマイ #映画 #洋画











≪10年ぶりに戻った故郷ーーそこは甘酸っぱい記憶と渋い思い出が残る場所≫
フランス・ブルゴーニュにあるドメーヌ(=ブルゴーニュ地方のワイン生産者)の長男ジャン(ピオ・マルマイ)は、10年前、世界を旅するために故郷を飛び出し、家族のもとを去った。
その間、家族とは音信不通だったが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってくる。
家業を受け継ぐ妹のジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミー(フランソワ・シビル)との久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまう。
残されたブドウ畑や自宅の相続をめぐってさまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めてのブドウの収穫時期を迎える。
3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあうが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていた・・・。



おかえり、ブルゴーニュへ [ ピオ・マルマイ ]

価格:3,078円
(2019/6/8 10:46時点)












ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント

人気記事